準備

ビジネスをスタートするのであれば、法人なら法人登記、個人事業なら個人事業開始届を出さなければなりません。

法人の登記は自分でも出来ますが、プロに任せた方が簡単です。多少の費用は掛かりますが、自分でする時間を本来のビジネスに集中させる方が良いでしょう。


パラレルビジネスの為、法人化はせずに個人事業を選択します。

個人事業の開始届け出あれば特に難しくもないの個人でする事をおススメします。屋号と住所と業務内容程度なので半日も必要ありません。

利益が20万以下の場合は確定申告の必要も無いので特に何もする必要は無いが、利益が20万を超えるのであれば確定申告をしなければなりません。

 

【会計ソフトfreee(フリー)】
 

今までした事も無い会計も自分でしなければりません。エクセルにちまちまと経費を記入していたのですが正直、凄く面倒です。
そこでCMで見た会計ソフトのフリーを使用。驚くほど便利です!
銀行カード、クレジットカードを同期しておくと、入金や出金を自動的に知らせてくれます。パソコンをいちいち開かなくてもスマホですワイプするだけで仕分けができるので会計処理が格段に楽になります。
個人事業の開始届や、見積書・請求書・納品書等のフォーマットも用意されているのでそのまま使用しています。
一度登録した取引先も簡単に呼び出せますし、似たような経費も自動的に仕分けされるので非常に便利です。

 

銀行口座
家計の口座と分けておいた方がなにかと便利です。そこで私が利用しているのはジャパンネットバンクを使用しています。ネット銀行のメリットは取引手数料が安く、ネットでの振込が可能なので余分な時間が掛かりまん。
個人事業主の屋号での口座も条件によっては作れるので、ビジネスの信頼度も上がります(屋号+名前になります)

 

クレジットカード
起業後、信用の無い段階でクレジットカードを作ることは難しくなります。ですので会社員時代に数枚作っておくといざカードが必要になったときにあわてなくて済みます。
私は手数料が多少高いですが、AMEXのカードを使用しています。ANAのサービスカウンターで作ったのですが、カードのポイントをマイレージに変える事もできますし、航空券を提示すれば空港のラウンジを無料で使えたりもします。マイルと貯める為にANAストア経由で買い物をするとマイルとカードのポイントが2重で貰えるので非常にお得です。

 

名刺や印鑑、ビジネスツール
アフィリエイトをメインにしたり、ネットでの仕入れや物販をするのであれば特に必要は無いがですが、打ち合わせ等で人と会うのであれば名刺は作っておいた方が良いです。挨拶をして名刺も出さないと失礼でもあるし、先方からすれば連絡先も何も分からない状況です。名刺もネットで注文出来るので最初に作っておくと便利です。
【SONOBA名刺】は最短10分で出来、あらかじめフォーマットが用意されているので、簡単に作れます。
名刺の他に印鑑や封筒、伝票関係も作れるので非常に便利です。


 

バーチャルオフィス/シェアオフィス/コワーキングスペース
オフィスを借りる必要もないのですが、名刺や商品、ネットに自宅の住所を記載する事に抵抗があった為、バーチャルオフィスを借りました。Karigo のバーチャルオフィスはプランもいろいろと選らべ、拠点も全国35拠点あるので最寄りも場所を選択しました。その他にも電話の転送や電話代行のサービスもあるので自分にあったプランを選択してください。



コワーキングスペースとは?

コワーキングスペース(Coworking Space)とは、起業・開業を目指す方や、フリーランスが集まる交流用オフィスです。コワーキングスペースにある設備を共有して、それぞれの仕事を行います。

コワーキングスペースは、固定の料金プランの他にビジター料金を設定している所が多く、1時間単位での利用も可能です。
出先で急な事務作業が必要になったりした場合に活用するのも良いでしょう。

  • 事務所設立までの準備拠点
  • 参加者同士の情報交換の場
  • セミナーやイベントの開催
  • 自宅や事務所に次ぐ第二の活動地点
  • 業務のシェアリングのマッチングスペース
  • お互いの技術や知識、経験などで新しいサービスの創出

まとめ
個人事業届けを出さない副業でも上記3つの会計ソフト・銀行口座・クレジットカードは非常に便利です。
会社の給料の振込や生活に使う口座と、副業・ビジネスの口座を分けておくと事業の収支が分かりやすくなります。

年間20万以下の利益については確定申告の必要はありません。

 

 

関連記事

おすすめ記事

  • 視点を変える。

    サラリーマンのおやじが昼食をブログにアップしても誰も興味が無い・・・ しか…

  • AI(人工知能)

    2030年頃には日本の労働人口の約49%が技術的に人工知能で代替可能になるそうだ…

  • 買取

    家庭にある不用品を売る。 家庭にある使用済みの商品や、…

  • 占い

    「運命」や「宿命」と言われても良く分からない。 しかし朝のニュースで「今日…

  • 代理店・フランチャイズ

    新規に商品・サービスを生みだすのは難しい。 新たに商売を始める場合、商品・…

ページ上部へ戻る