転職サイトに登録する

まず転職を検討するにあたって情報を集めなければ成りません
複数の転職サイトに登録する事をお勧めします。
その理由は、転職サイトによって取り扱っている求人内容が違います。
より良い条件で転職を成功させるには、複数の転職サイトに登録し、希望の業種、職種、勤務地、待遇を検討しましょう。

書類選考率の目安は約10%~15%

一般的な書類選考率は約10%~15%と言われています。100名の応募に対して10名~15名のしか書類通過しないことになります。

逆に言うと、10社~15社応募して1社しか書類応募を通過しない事になります。

もちろん、各々の経歴や応募する職種にもよりますので一概には言えませんが、概ね10社程度の申し込みを目標としている求人サイトもあります。





書類選考の通知の期間は?

興味のある会社にエントリーし、書類選考までいっても直ぐに結果は出ません。企業側も多くの募集の中から選考しなければいけませんのである程度の時間が必要です。
稼働日数で1週間か2週間を目安に待ちましょう。2週間経過して連絡が無い場合は、選考から漏れた可能性が高いです。
どうしても気になる場合はエージェント会社、あるいは企業に直接確認すると良いでしょう。
しかし、企業側からすれば欲しい人材は他社に取られたく無いので、連絡が遅い場合書は書類選考で漏れた可能性の方が高いです。

企業によっても合否のスピードは異なります。大手企業の方が時間が掛かる場合もあります。中小企業の場合、担当者も少なく社長が直接選考に係る場合がありますので、割と早く結果が出る場合があります。
反対に大手になると担当者が多く選考に時間が掛かる場合があります。

一度に複数社への応募

書類選考に1~2週間要する事を考えると、一度に複数社への応募をお勧め致します。
応募した企業の種類選考に必ずしも合格するとは限りません。
合否の結果を待つ間、何もしていないと転職活動は時間が掛かります。
ですので興味のある会社があれば同時に複数社への応募をしておくことをお勧めします。

 

おすすめ記事

  • WEBサイト

    ホームページを持とう! 商品を作ったり、サービスを始めても誰にも知られなけ…

  • アフィリエイトといっても結局は宣伝広告

    新しいビジネスのように言われるが、HPに張り付けた広告で売上の数%の報酬を得るの…

  • 売上は信頼の証

    ビジネスをスタートした時、一番最初の顧客になるのは友人・知人・家族では無いだろう…

  • 量が質を生む!

    最初からプロと呼ばれるクオリティの物を生み出す事は出来ない。 それは物作り…

  • 「パレートの法則」

    パレートの法則とは、イタリアの経済学者ヴィルフレド・パレ―ロが発見した法則である…

ページ上部へ戻る