プラン

まず起業するには何で起業するかを考えなければなりません。
今までしてきた事の延長で起業するのであれば問題ありませんが、初めてする仕事で起業するのは凄くリスクが高いです。

今までしてきた仕事の延長であっても、新規の営業先が確保できるのか?仕入れ先は確保できるかなど考えなければなりません。

先行者利益を追うあまり、既存に無いビジネスを考えがちですが、成功者の居ないビジネスが成功する確率は恐ろしく低いです。
市場にニーズが無いか、ビジネスとして成り立たない場合が多いのです。
居酒屋などで新規のビジネスの話をしていると「それは他がしている」と夢も希望も無い話をする奴が居ますが、全く初めてのビジネスを展開する必要は無いのです。

既にあるビジネスの方が競争は激しですが、成功している企業があるためターゲティングしやすくなります。

誰も成功しないビジネスは、誰も成功出来ない確率が高い。

考えたビジネスプランを自分が実行できるか良く考える必要があります。

どんなに素晴らしいビジネスプランであっても実行できなければ意味がありません。
特にスタートアップ時は資金も無い為従業員を雇う事も出来ない。そうするとほとんどの業務を自分一人でしなければいけないのです。

何処に何を売るのか?どんなサービスをするのか?経費はどのくらい掛かるのかをシュミレーションし、収益が見込めるのかを良く検討しなければなりません。

 

 

関連記事

おすすめ記事

  • ブラック企業の求人

    匿名で求人を出したり、福利厚生を大々的にアピールしたりしているが、同業者であれば…

  • 40歳定年説

    40歳定年説。若いうちに定年し、違う職場で活躍する。若しくは個人で活動する・・・…

  • 仕入れて売る

    商品を仕入れて売る。 商品を一から作るのは何かと大変です。ハンドメイドする…

  • 小規模M&A

    会社員時代に規模の小さい企業をM&Aした。 年商ベースで本業の1/…

  • 代理店・フランチャイズ

    新規に商品・サービスを生みだすのは難しい。 新たに商売を始める場合、商品・…

ページ上部へ戻る