プロフィール

日用品の製造から商品企画、管理業務を経験し41歳で退職。
副業を模索していたがサラリーマンでできる副業は限られていると実感。
株式取引や為替は一喜一憂してしまう。
結果、株価が下がるまで売れない強欲っぷり。
アフィリアイトも目指すが、結果は雀の涙・・・
自分でコントロールできる仕事を模索する。
資本金制度の改定により知人と3人で資金を出し合い、資本金100万の会社設立。
包装資材の仲介を行う。
得た利益をスタートアップ企業2社に出資。
美容系求人サイトを作成
出資・サイト共に上手くいかず、3人のビジョンが違う為休眠会社に。

月に1度ワードプレスを習いに行く。
2週に1度〇〇を習得する為に広島に通う。

その後も副業を目指すがパッとしないながらも退職へ。

ビジネスパートナーとなる知人の誘いを受け、個人事業としてスタートするもビジネスパートナーの裏切りにあい、あえなく終了。

不毛な時間を過ごしつつ、再就職へ。

40代の転職は思っていたよりも厳しいということを実感。

それでもなんとか就職し、その傍ら個人のビジネスを細々と続ける。

給料が大きく上がる事は無い。しかし個人のビジネスは大きく化ける可能性がある。

そのテンションだけで何とか頑張っている今日この頃。


ネットが普及してから仕事の内容が大きく変化しました。新しく生まれたサービスや産業、反対に無くなった仕事や会社も多くあります。
今後もAIやIoTの発達により大きく社会は変化するでしょう。
一昔前なら、一つの企業に勤め上げ定年退職を迎える事が出来ましたが、今の時代30年40年後はどうなるか分かりません。
会社員をしている時から常に不安は付いて回りました。業績不振やリストラに怯え、会社に依存している以上、理不尽な事にも逆らえません。
セクハラやパワハラ、過剰な残業により自ら命を絶つニュースも少なくありません。
生活をする為には働かなければなりませんが、一つの収入に依存してしまうとリスクは高まります。
複数の収入を得る事が一つの防衛策になるのです。

おすすめ記事

  • 人脈を変えるには

    家と会社の行き来だけでは人脈は変わらない。 人事異動もない規模の会社だと…

  • 売上は信頼の証

    ビジネスをスタートした時、一番最初の顧客になるのは友人・知人・家族では無いだろう…

  • マネタイズを考える。

    ネットビジネスのマネタイズを考える インターネットビジ…

  • BASEで売れた

    知人が取り扱う商品。「どっか販売先ない?」と言われ販売先を探したが今は何処も掛率…

  • LaLa Call

    050で始まる電話回線をもう一つ持つ。 事業を始めるなら名刺やホームページ…

ページ上部へ戻る