マネタイズを考える。

ネットビジネスのマネタイズを考える

インターネットビジネスを検討する場合、何処から収益を得るかを考えるのが非常に重要です

WEBサイトを立ち上げる理由はなんでしょうか?

多くの場合は商品サービス告知する宣伝広告です。

物販やサービスを提供している人にとってWEBサイトは顧客の導線の1つに過ぎません。あくまでも商品・サービスを購入してくれる人から収益を得るのです。

ネットビジネスの収益の種類

物販・サービスの販売以外の収益モデル

 種類 内容 メリット・デメリット
 広告収入  サイトのバナー広告やアドセンス収入(アフィリエイト  メリット:手軽に始められる。
デメリット:アクセスが集まる迄収益化が難しい
 掲載収入  掲載者からの月額掲載収入  メリット:固定での収益が見込める
デメリット:アクセスが集まる迄掲載者の獲得が難しい
 マッチング収入  人と人、個人と企業、企業と企業に対してサービスやモノのマッチング収入  メリット:大きな収益を見込める
デメリット:アクセス・知名度が上がるまで顧客の獲得がしずらい
ユーザー課金 コンテンツ利用料や会費収入 メリット:固定での収益が見込める
デメリット:一定以上の知名度とコンテンツが必要

どのビジネスも集客(アクセス数)が一番重要です。

ブログ

一番手軽に始められます。無料のブログサービスも各社から提供されていますが、商用利用を禁止している所も多いので始める場合は最初に確認が必要です。
個人的な趣味や日常の事でもアクセス数が多ければアフィリエイトなどの広告収入が可能です。

ポータルサイト

Yahooやgooなど大手のポータルサイトの他に専門に特化したポータルサイトも多数あります。
地域の物産品を集めたポータルサイトや、市町村の店舗、歯医者や治療院などの専門のポータルサイトがあります。
掲載者を集める事により掲載収入が可能です。

マッチングサイト

マッチングサイトにもいろいろあります。個人の場合は出会い系とかが多いですが、企業と個人、企業と企業のマッチングサイトは多数あります。転職サイトも企業と求職者のマッチングサイトですし、一括見積もり等も企業と顧客のマッチングです。草野球やフットサルの対戦相手を探すマッチングサイトなどもありますので、得意な分野があれば比較的挑戦しやすい分野かもしれません。取引が成立すれば数パーセントの報酬を得るところが多いです。

会員制サイト

優良なコンテンツがあれば、会員サイトを作りコンテンツ料や会費収入が得られます。
よっぽどの著名人か優良なコンテンツが無ければ難しいですが、固定の収益が見込めるので安定した収益が得られます。

デザインを選ぶだけで完成!あなただけのオリジナルホームページ【BiNDクラウド】

おすすめ記事

  • ブラック企業の求人

    匿名で求人を出したり、福利厚生を大々的にアピールしたりしているが、同業者であれば…

  • マネタイズを考える。

    ネットビジネスのマネタイズを考える インターネットビジ…

  • BASEで売れた

    知人が取り扱う商品。「どっか販売先ない?」と言われ販売先を探したが今は何処も掛率…

  • アフィリエイトは儲からない?

    手軽に始められるアフィリエイト。しかし一体どれ程の人が稼げているのか? 「アフ…

  • 40歳定年説

    40歳定年説。若いうちに定年し、違う職場で活躍する。若しくは個人で活動する・・・…

ページ上部へ戻る