転職エージェントってどうなの?

求人サイトで目に留まった求人先を見つけると「気になる」ボタンを押す。すると「気になる」フォルダに入れられ、そのうちの数件から「応募しませんか」とメールが来る。

その中には企業が直接応募している求人情報では無く、エージェントを通して応募している案件も多い。

エージェント様から即連絡が入り、面談希望日の催促をされる。

直接でも、電話面談でもかなり前のめりな対応で、経歴・希望職種などを聞いてくれ、その後希望に近い案件を紹介してくれるのだが・・・

書類選考に通過しなかった場合は「なんて冷たいの」ってな対応(全てのエージェントがそうとは思わないが・・・)

そして音沙汰無し。

面接前の面談でかなり盛り上がり、「応募企業との社長とは30年来の知り合いで、募集内容と経歴がマッチしているので採用させれると思いますよ!」と言っていたのに結果は1次面接で不採用・・・面接官の総務部長の第一声は「〇〇〇エージェントの紹介ですか」と社長の知人であるエージェント会社ってのに不満があるような感じ。

面接終了後電話報告すると「あの総務部長は愛想が無くて問題なんです。社長にも言ってるんですけどね」と社長とのパイプの太さをアピールしていたが、結果は不採用。

しかも簡単なメールで結果を知らせ、他社のマッチングを勧めて良いか?と。不採用になった理由を聞いても音沙汰無し・・・・

そう、エージェンとにとってお客様は求人を出している会社なのだ!
そして求人応募者は在庫なのである。

クライアント企業の条件を最優先するのは当たり前で、新たな物件が出てくると最初は目新しく前のめりに対応するが、クライアント企業が興味を示さなければ新しい物件を探すのだ。

もちろん全てのエージェントがそうとは限らない。しかしエージェントを通した応募よりも直接応募の方が対応が良い気がするのは気のせいか?

エージェントを通した場合、書類選考の合否が遅い。直接の方が早い場合が多いのだ。
ダメなら他を当たるし、早めに合否を聞きたいのだが平気で1カ月掛かる場合もある。

もちろんエージェントも多数の在庫(求職者)を抱えているので時間も掛かるのだろうが、正直対応が遅い気がする。

まぁそんなエージェントばかりでは無いのだろうが・・・

案件は多数抱えているのでエージェントを使う事は良いのかもしれないが、過度の期待はしない方が良いかもしれない。

 

関連記事

おすすめ記事

  • 小規模M&A

    会社員時代に規模の小さい企業をM&Aした。 年商ベースで本業の1/…

  • パンツから日本を元気に フリパン

    フリパンは日本で唯一にして最大のパンツメディアです。会員数は既に14万人も居るそ…

  • WEBサイト

    ホームページを持とう! 商品を作ったり、サービスを始めても誰にも知られなけ…

  • 40歳定年説

    40歳定年説。若いうちに定年し、違う職場で活躍する。若しくは個人で活動する・・・…

  • 転職サイトに登録する

    まず転職を検討するにあたって情報を集めなければ成りません。 複数の転職サイトに…

ページ上部へ戻る