売上は信頼の証

ビジネスをスタートした時、一番最初の顧客になるのは友人・知人・家族では無いだろうか?

実績も信用も無く始めたビジネスに顧客が付く事は難しい。

まず、最初に顧客になってくれるのは身近な存在である。

最初に商品を購入してくれたのは元同僚だった。
特に商品説明などもせず、HP経由で商品を買ってくれた。彼はその商品に特別魅力を感じた訳では無いだろう。
そしてその商品を知人に勧めてくれ、その知人も商品を購入してくれた。

商品力が特別劣っているとも思っていないが、その元同僚が欲しがる商品では無い事は充分に承知している。
じゃあ彼は何故購入してくれたのか?

それは「信頼」である。

スーパーで買えば同じような商品が安く買えるだろう。しかし原産国や、製造方法については消費者は分かりずらい。知人が作る商品・サービスには商品のクオリティ以上に「信頼」があるのである。

そしてその紹介顧客も知人への「信頼」で商品を購入してくれたのである。

口コミサイトを見て商品の購入を検討するのも、その商品の「信頼」を確認する為である。

店舗はそこに店があるだけで「信頼」がある。

良く売れている商品はその分多くの顧客の「信頼」を得ているのである。

しかし一気に「信頼」を得る事は難しい。1つ1つの積み重ねである。反対に信頼を落とすのは簡単だ。産地偽装や賞味期限の改ざんなど1つの嘘で今までの「信頼」を失ってしまう。

企業にとっては1,000個の商品の内の一つであっても、顧客には買った1つが全てである。その1つの商品が「信頼」を得たり、失ったりする事に繋がる。

ビジネスとは「信頼」のやり取りだ。

関連記事

おすすめ記事

  • 商品作り

    起業するにあたり販売商品を作る。 私の場合、メインは農作物!とそれを利用し…

  • 「パレートの法則」

    パレートの法則とは、イタリアの経済学者ヴィルフレド・パレ―ロが発見した法則である…

  • 視点を変える。

    サラリーマンのおやじが昼食をブログにアップしても誰も興味が無い・・・ しか…

  • ハゲはエコ?

    チビ・デブ・ハゲと2文字の形容詞は恐ろしいぐらいメンタルに響く。 デブはダ…

  • アフィリエイトは儲からない?

    手軽に始められるアフィリエイト。しかし一体どれ程の人が稼げているのか? 「アフ…

ページ上部へ戻る