売上は信頼の証

ビジネスをスタートした時、一番最初の顧客になるのは友人・知人・家族では無いだろうか?

実績も信用も無く始めたビジネスに顧客が付く事は難しい。

まず、最初に顧客になってくれるのは身近な存在である。

最初に商品を購入してくれたのは元同僚だった。
特に商品説明などもせず、HP経由で商品を買ってくれた。彼はその商品に特別魅力を感じた訳では無いだろう。
そしてその商品を知人に勧めてくれ、その知人も商品を購入してくれた。

商品力が特別劣っているとも思っていないが、その元同僚が欲しがる商品では無い事は充分に承知している。
じゃあ彼は何故購入してくれたのか?

それは「信頼」である。

スーパーで買えば同じような商品が安く買えるだろう。しかし原産国や、製造方法については消費者は分かりずらい。知人が作る商品・サービスには商品のクオリティ以上に「信頼」があるのである。

そしてその紹介顧客も知人への「信頼」で商品を購入してくれたのである。

口コミサイトを見て商品の購入を検討するのも、その商品の「信頼」を確認する為である。

店舗はそこに店があるだけで「信頼」がある。

良く売れている商品はその分多くの顧客の「信頼」を得ているのである。

しかし一気に「信頼」を得る事は難しい。1つ1つの積み重ねである。反対に信頼を落とすのは簡単だ。産地偽装や賞味期限の改ざんなど1つの嘘で今までの「信頼」を失ってしまう。

企業にとっては1,000個の商品の内の一つであっても、顧客には買った1つが全てである。その1つの商品が「信頼」を得たり、失ったりする事に繋がる。

ビジネスとは「信頼」のやり取りだ。

関連記事

おすすめ記事

  • ネットワークビジネス(MLM)

    高校を卒業して半年、あまり親しく無い知人から電話が掛かってきた。 お決まりの「…

  • google アドセンス

    googleアドセンスについて googleアドセンス…

  • 準備

    ビジネスをスタートするのであれば、法人なら法人登記、個人事業なら個人事業開始届を…

  • 鶏が先か卵が先か

    「忙しくなったら人を雇う」といって忙しくなった人を見たことがない。 潜在意…

  • 資金調達

    資金調達 起業するならある程度の資金が必要です。パラレ…

ページ上部へ戻る